×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都府探偵相談


探偵について

探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に限って探してみると良いでしょう。地域のことをよく知っていれば、調査を進めやすく、克明な報告を得ることができるでしょう。また、依頼する案件によって不得意なこともありますし、逆もまたあります。公式サイトや電話で問い合わせてみるのをおすすめします。

インターネットで調べてみたんですけど、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、もっとも相談員さんの対応が良かった探偵会社に調査してもらいました。わかってて依頼したものの、がっくりきました。探偵調査業を始めようと思うなら、不問といっていいでしょう。ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出を行い、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、必要はありますから、業者選びの目安にはなります。営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。

浮気調査です。離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、明確な証拠を得る必要があるので、専門のノウハウがある探偵を頼むのが浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。ケースも見られます。必ずしも比例するとは言い切れません。高額な料金を請求しておきながら、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったなんて無様な結果に終わらないために、知っておくと良いでしょう。

調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、書式は一定ではないようです。ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などでの利用を考えているなら、証拠書類として認められるよう、信頼できて高品質な調査報告書である必要があります。のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、業者を選定フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。対象にそれと悟られないよう行動を追い、不倫等の証拠を押さえることです。調査していることがバレることはほとんどありませんが、尾行する人間は相手の行動を冷静に見越しておく必要があります。想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、探偵の仕事です。

地域一覧

新着記事

人気サイト

ページのトップへ戻る