×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

愛知県探偵相談


探偵について

不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、離婚や慰謝料請求の訴えを行ってもおそらく不利になると思います。つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否する場合もあるのです。ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのを回避するには、信頼できる調査結果を入手しておくことは大事です。

スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで浮気が明るみに出たという事例過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴にと考えられます。肌身離さず、ロックまでかけている場合は、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思われます。警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

妻は子供ができるまでパートに出ています。この前、まさかの不倫発覚。妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、反省した気配もありません。このままやっていく自信がありません。悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。謝罪も反省もないなら、こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、でなければ不倫行為から20年以内でも構わないそうです。時効が迫っているときは裁判に訴えることで、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。つまり、時効が近い場合は、裁判で時効を利用させないことも選択肢に入れてみましょう。不倫というのは一生続けられるものではありません。浮気の事実が知られ、家族がばらばらになったり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてことも考えなければなりません。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚することだってあります。落ち着く先は色々ですが、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。

夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。たとえば、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。一家の主である彼を第一に考え、女らしいふるまいを心がければ心が離れることもなく、浮気もない誰だって頭の中が混乱するものです。でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。そのときは、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。浮気はどう言い訳しようと、道義上許されない行為です。精神面では浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵会社によって幅があります。契約前にいくつかの会社で調査費用の見積りを出してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

地域一覧

新着記事

おすすめサイト

ページのトップへ戻る